光の力でウイルスをノックアウト!抗菌+抗ウイルス+消臭のトリプル効果!光プロテクトマスクの製品紹介サイト

製品紹介

  • HOME »
  • 製品紹介

『光の力でウイルスをノックアウト!』

光プロテクトマスクとは

maskpackage1

光プロテクトマスクは光触媒と天然アパタイトを使用し、従来にはなかったマスクそのものが細菌やウイルスを吸着・分解するという特徴を備えた、より快適で機能性に優れたマスクです。天然アパタイトの使用により、太陽光だけではなく室内灯の対応も可能にしました。絶えることのない光のエネルギーを活用し、地球に優しいエコマスクです。

■新製品■ 光プロテクトマスク2.5PLUSの詳細はこちら

マスクの有効性について
※クリックすると内容を読むことができます。
3-feature1112

※画像をクリックすると拡大します。

マスクの有効性について

「マスクの有効性」 帝京大学医学部耳鼻咽喉科 名誉教授 医学博士 石塚洋一
※クリックすると内容を読むことができます。

光プロテクトマスクの特長

  • ナノ化したアパタイト結晶と二酸化チタンの特殊溶液でマスク全層をコーティング。より高い吸着・分解効果を発揮。
  • 太陽光だけではなく、室内灯でも有効。
  • 細菌感染予防対策にも対応可能
  • BFE細菌ろ過効率99%フィルターを採用。
  • 立体フィルター構造で顔へのフィット感が得られ、あごまでしっかりカバー。
  • 3層マスクで圧迫感を感じない呼吸のしやすさで会話もスムーズ。
  • 抗菌・抗ウイルス・消臭のトリプル効果。
  • 光エネルギー(紫外線)を利用することで効果が持続するエコ商品。
  • 人体に対して無毒、無害である。

マスクバリア性試験の実施

試験方法:バクテリア飛沫ろ過効率(BFE)試験
供給菌:黄色ぶどう球菌 品質試験報告 99%
※ASTM2101-07規格に基づく

肺炎桿菌としての試験結果

001 002

世界最大規模の国際標準策定機関ASTM International

1898 年に創設されたASTM International(米国試験材料協会:旧称 American Society for Testing and Materials)は、世界最大規模の国際標準策定機関です。ASTMに定義され設定された約 12,575 もの合意標準が世界中で影響力を持っています。鉄鋼から持続可能性なものまであらゆるものに適用されるASTMの活動によって何百万人の人たちの生活が毎日向上しています。約12,000種類以上のASTM規格が発行されており、その策定には150か国・30,000 人以上のメンバーが参加しています。ASTM規格は任意規格でありながら、世界75か国で法規制などの基準とされるなど、国際的に広く通用しています。
ASTM規格は、1年に1度発行される規格集「Annual Book of ASTM Standards」(2015年版は82冊構成)に収録されています。また、ASTMのWebサイトで個々の規格を購入することができます。

使用方法

  1. マスクの上下を確認し、プリーツを広げます。(※ノーズフィットバーがついている方が上側です。)
  2. 顔に当て、ノーズフィットバーを鼻の形に曲げて合わせます。
  3. プリーツの折り目を縦に伸ばしマスクを広げ、あごまでしっかりカバーして下さい。

使用上の注意

乳幼児や呼吸器に異常のある方は使用しないで下さい。

本品は有毒ガスや粉塵を防ぐ目的には使用できません。

本品は使い切りタイプの製品です。

洗濯などによる再使用 はできません。汚れが気になる場合はお取替え下さい。

本製品ご使用中に万一かゆみ・かぶれなどの症状があらわれた場合は、直ちに使用を中止し医師にご相談下さい。

マスクのニオイが気になったり、息苦しさを感じた場合や 気分が悪くなった時は使用を中止して下さい。

乳幼児の手の届かないところに保管して下さい。

高温多湿な場所での保管は避けて下さい。

火気の側でのご使用はお止め下さい。

品質上表示

項 目  表 示
製品サイズ ふつうサイズ 90㎜×175㎜
対象 風邪・花粉・黄砂・ほこり等
素材 本体:ポリプロピレン  耳ひも:ポリウレタン  ノーズフィットバー:ポリエチレン
枚数 5枚入り
生産国 日本
白色
抗菌剤 アパタイト被覆二酸化チタン

販売表示

製造者

株式会社エコサイエンス 〒270‐1431 千葉県白井市根1870-2

販売者

S&Kサウンドクリエイト株式会社ヘルスケア事業部

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚5-31-2

マスクの有効性

帝京大学医学部耳鼻咽喉科 名誉教授 医学博士 石塚洋一

マスクの有効性

細菌は細胞を持ち栄養を摂取してエネルギーを生産する自己複製能力を持った微生物です。一方ウイルスは蛋白質の外殻、内部に遺伝子(DNA、RNA)を持っただけの単純な微生物で自分で増殖することができません。そのためウイルスは生体の細胞に寄生し増殖します。仮にウイルスが1個体内へ侵入すると24時間後には100万~数千万個に増えると云われています。
これらの予防には手洗いとうがいが推奨されますが、風邪のウイルスは飛沫感染(咳のしぶきや唾など)を感染経路とすることが多く頭髪や被服にも付着します。

マスクは口や鼻から入る病原物質や有害物の侵入を防ぎ人体を守り、またヒトのくしゃみや咳に含まれたウイルスや細菌の飛散を抑えます。一方でのどや気道粘膜の保湿にも努め乾燥を防ぎます。のどや鼻などには繊毛と呼ばれる1/1000mmの毛が生えており、1秒間に15回もの速度で活動し粘液の流れを作ります。これによりウイルスや細菌が粘膜に付着しても繊毛運動で押し流し体を守ってくれるため粘膜の乾燥は大敵です。
アメリカ食品衛生局(FDA)では、サージカルマスクの基準をBFE95%※以上と規定しています。サージカルマスクはウイルスや細菌のほか微粒子を体内に取り込むことを防ぐ効果も期待されております。
新たな機能を盛り込んだサージカルマスクは、身近で使いやすく私たちの健康を保つ優れた衛生用製品と言えます。

※ 細菌濾過効率

お気軽にお問い合わせください TEL 050(3426)9211 受付時間 平日9:30~16:30

PAGETOP